退職祝いに胡蝶蘭を贈る場合のタイミングやマナー


個人的にお世話になった上司や、大好きな先輩。または社内で退職ので退職される方のお祝いにどんな物を贈るか悩む方が多いと思います。

そんな時は迷わず、胡蝶蘭を退職祝いの贈り物として選ぶ事をお勧め致します。花束、鉢植えはその方の雰囲気や生活スタイルに合わせて選ぶ事もお勧めいたします。一般的に退職のお祝いを会社や送別会会場でお渡しする場合は、花束の胡蝶蘭を贈ることが一般的だと言われています。今回は退職祝いに胡蝶蘭を贈るタイミングやマナーびついて簡単ですがレポしたいと思います。

第二の人生が幸せである様にの意味合いを込めて

胡蝶蘭は新築祝いや開業祝いなど、基本、おめでたいお祝い事に贈るに相応しいとされている花なのですが、第二の人生が幸せになりますようにという意味を込めて贈るものなので、リストラなどで会社を去る方には向かないお花だと言う事を覚えて置きましょう。

また、胡蝶蘭にメッセージをつける時は、否定的な言葉は決して入れる事は関心できません。「会社を去っていく○○さんへ」や「厳しい現状に負けないで下さい」なとど言った不安を煽るような言葉を入れる事も良くありません。

メッセージにはあくまで、未来が輝かしくなる様な肯定的な文章を書き添えます。

どくらいの金額の胡蝶蘭を選ぶべきなのか?


一般的に胡蝶蘭で人気があるものは、3本立てから5本立の鉢が人気がありますが、値段の相場が2万円から3万円と少々お高いと感じる方もいると思います。また個人で退職祝いを贈る場合に2万円から3万円は予算オーバーだと感じる方も多いのではないかと思います。そのような場合は、予算に応じた胡蝶蘭もあるので、自分の予算を伝えてから決めましょう。

一般的な退職祝いで贈る胡蝶蘭の金額。

◎自分1人贈場合は、5千円~1万円

◎グループで贈る場合は、1万円~3万円

◎身内の場合は5千円~2万円

◎取引先の場合は5千円~1万円、となって

グループで贈る場合は1人2千円~3千円程度が最も多いようです。

胡蝶蘭を贈るタイミングはいつなのか?

では、実際に胡蝶蘭を何人でどんなものを贈りるかが決まり、手配も済みましたが、実際にどのタイミングで胡蝶蘭を贈るかがポイントになります。せっかく心のこもった美しい胡蝶蘭を贈るですから、最適なタイミングを知っておきたいものです。

送別会などを行い予定がある時は、胡蝶蘭をみなさんの前で手渡しをする事が一般的だとされています。感謝の言葉は勿論のこと、メッセージカードも添えるのが一般的です。

また、鉢植えをお渡ししたい場合は後日の郵送や、送別会の会場ではお酒が入り、二次会の予定などがある場合は、せっかくの贈りものが邪魔になってしまう可能性があるので、そのような場合の鉢植えは送別会を避けることが妥当です。

送別会以外で胡蝶蘭をお渡しする時は、その方が退社される前日を目安にお渡しするのがベストタミングです。一応、大きなものをお渡ししたいので、その前に相手の都合を伺っておく方が良いと思います。お渡しするのが会社であるならば、帰りのタクシーや車の手配などをしてあげる事も気遣いだと思います。

退職日の何日も前にお渡ししてしまうと、追い出すというイメージになるので、失礼になると言われているので、気をつけましょう。

また、万が一、退職する事を知らなくて、退職祝いを用意をしていなかった場合は、なるべく日にちが経過しないうちに、贈るものを用意しましょう。お宅に胡蝶蘭をお送りする事も失礼ではないので、飾っていただきましょう。

花や鑑賞植物はお好きな方には是非鉢植えを贈りましょう

退職をされる方がお花や観葉植物は好きな場合、また奥様を始めたとしたご家族の方がお花などがお好きだと言う情報がある場合は、断然、胡蝶蘭の鉢植えタイプをお祝いで贈る事をお勧め致します。退職後の楽しみの一つして、鉢植えの場合ですと長く楽しめるので、喜ばれると思います。

その方の生活のスタイルを重視して、贈るものを選ぶのが最もベストだと考えます。

ご自宅へ胡蝶蘭の鉢植えを贈る場合

退職祝いに胡蝶蘭の鉢植えを贈ると決めた場合は、木札をつけるのが一般的です。特にビジネス関係ですと、木札は必須とです。

一般的な書き方は、お祝いの文言と贈り先名を記入します。

文字は(祝)や(御祝)や(祝定年御退職)などが妥当です。

木札は大げさと考える関係性の場合はメッセージカードが必須です。メッセージ添える文字は50文字~100文字程度が妥当な文章の長さだと言われています。贈る相手との関係性にもよりますが、退職をされるに相応しい言葉から、近しい間柄ならば、気楽な文面でも構いません。

退職されたも、まだまだ別の場所で仕事をする場合があるので、親しい中でも、「退職後はごゆっくり」などは避けた方が良さそうです。

まとめ

退職祝いにどんな物を贈るか迷っている方は、胡蝶蘭という選択肢を頭の中に入れて置くと、退職に相応しく、万人が喜ばれるものだと思います。花束にするか、鉢にするかはその方の生活のスタイルに合わせて選んでください。予算に応じて5千円~2万円くらいのものを選ぶのがベストです。木札やメッセージを必須で、心を込めて贈りましょう。

関連記事

関連記事