失敗しない開店祝いの贈り方


・なぜ胡蝶蘭が開店祝いに最適なのか

開店祝いの贈り物として最もポピュラーなのが「胡蝶蘭」。
街中などでも入り口にたくさんの胡蝶蘭が飾られたお店をたまに見掛けますよね。

ここではなぜ開店祝いとして胡蝶蘭が人気なのかを詳しく見ていきましょう。

①縁起のよさ

胡蝶蘭が開店祝いの贈り物として人気な、最大の理由がその花言葉です。

胡蝶蘭の花言葉の一つに「幸運が飛んでくる」というものがあります。

努力を重ねて開店を迎えた方に対する「おめでとう」の気持ちを伝えることや、
これからの商売が繁盛し、多くの人から愛されるお店になるよう祈念する贈り物としてはうってつけの花言葉ですよね。

また花だけではなく鉢植えにも「根付く」という意味が込められています。

その場所での繁栄が盤石なものであるように、長きにわたってお店が存続しますようにという願いが込められていますので、胡蝶蘭の鉢植えはとても縁起がいいんですね。

②見た目の華やかさ

胡蝶蘭は名前の通り、蝶がたくさん舞っているかのような華やかで品のある見た目をしています。
たくさん集まった胡蝶蘭は店内やお店の入り口を華やかに演出してくれるでしょう。

一般的には白色の胡蝶蘭を贈ることが多いですが、最近ではピンクや青色の胡蝶蘭も販売されるようになりました。お店のイメージによっては白以外の胡蝶蘭を贈るのもいいでしょう。

③花もちがよく長く咲き続け、手入れも簡単

胡蝶蘭は管理の手間が少ないのも特徴です。
そのため、相手先に大きな手間をかけることなく楽しんでもらえます。

適切に管理すると、花は2~3カ月の間咲き続けますので長い間お店を彩ってくれますし、「末永く繁盛してほしい」という願いも込められています。

④香りが少なく、花粉もつかない

花の香りというと、蜜の甘い匂いで誰からも好かれているイメージがありますが、実際は花の香りが苦手な方もいます。

その点、胡蝶蘭はほとんど香りがないので、そういった方を不快にさせることもありません。

また、お祝いに花を贈る時に注意しなければいけないのが花粉のトラブル。

先方やお店のお客様の衣服に花粉がついてしまったり、花粉がこぼれてお店を汚してしまうなどのトラブルは案外起こるものです。

胡蝶蘭は花粉がほとんどつかない花なので、そういった面でも安心して贈ることができます。

⑤一年中きれいなものが手に入る

胡蝶蘭は全国的に生産されており、一年中きれいなものを手に入れることができます。

開店祝いの機会は季節を問わずに訪れますが、年中いつでもきれいな花を贈ることができる胡蝶蘭は贈り物として最適なのです。

★開店祝いの胡蝶蘭の贈り方

あまり頻繁に経験することのない開店祝い。
贈り方のマナーを熟知している人もなかなかいないでしょう。

ここではそんな胡蝶蘭の贈り方のポイントについて解説していきます。

・開店の前日に贈るのが一般的。

胡蝶蘭を開店祝いとして贈るのであれば、開店の前日に届くようにするのが理想的です。

開店の当日は先方も忙しくされていることがほとんどです。
そんな状態のなかでお届けすると先方の負担になってしまいます。

特に問題がなければ開店の前日に届くように手配をしましょう。

・先方の置き場スペースに合ったサイズや種類を選ぶ。

お店にもよりますが、胡蝶蘭のサイズは大きく3種類あります。
大輪系・中大輪系・ミディ系に分かれます。

大輪系はその名の通り花が大きく、花びらが女性の手のひらほどのサイズ。
全体のサイズも高さは約80㎝、横幅は60㎝前後と大きいです。

逆にミディ系は花の大きさが10㎝以下と小ぶりでかわいらしいのが特徴。
全体の大きさも髙さ約60㎝前後、横幅40㎝ほどと小さく、卓上にも飾れるサイズです。

先方の飾るスペースにも配慮して選ぶと、設置に手間をかけさせることもなく喜ばれるでしょう。

・立札をつける

胡蝶蘭を贈る場合は立札をつけるのが一般的です。

この立札は「誰から誰に向けて、何のために贈られたか」を明確にするためのもの。
特にビジネスシーンでは必須のものですので、忘れないようにしましょう。

開店祝いの立札の書き方は、

「祝 御開店」
「自分の所属」
「自分の役職・名前」

というように書くのが一般的です。

・メッセージカードを添える

立札と一緒にメッセージカードを添えることもあります。
お祝いの気持ちを文章で伝えることができます。

メッセージカードの例文
御開店おめでとうございます。貴社益々のご発展と、社員の皆様方のご健勝を祈念いたします。〇〇より

基本的には上記のように簡潔にお祝いの気持ちを書くのが無難ですが、違う文章を書きたい場合は「忌み言葉」に注意が必要です。

開店祝いにおける忌み言葉とは「倒れる・潰れる・燃える・煙・赤・傾く・散る」などの火事や業績の悪化を思わせるような語句のことです。

これらに注意して、先方に喜ばれる贈り物にしたいですね。

★開店祝いの胡蝶蘭の相場

贈り先との関係性によって相場は少し違います。

知人・友人に贈る場合の相場は1~3万円、取引先などに贈る場合は2~5万円程度が相場です。

特に取引先に贈る場合は先方との関係性や取引額の大きさなどを参考にするといいでしょう。

また、他社からの贈り物と一緒に並べられるのであれば、大きく見劣りしないものを選びたいですね。

高いものほどいい、というものではありませんが、金額に迷う場合は相場の中でできるだけ立派なものを選ぶのが無難だと言えます。

★開店祝いを贈るタイミング

先ほどは開店の前日に贈るのが理想的というお話をしましたが、ここではもう少し詳しく、開店祝いを贈るタイミングについてみていきましょう。

・先方に日程を確認するのがベスト
一般的に前日に贈るのが理想的ではありますが、場合によっては前日に贈っても受け取りの担当者が不在であったり、忙しくて対応できないことも考えられます。

それを避けるためにも、事前に贈るタイミングについて先方と打ち合わせをしておくと確実です。

お祝いを贈るのにあらかじめ先方に確認することがマナー違反というイメージを持っている方も多いですが、そんなことはありません。

間の悪いタイミングで贈ってしまい、せっかくのお祝いで迷惑をかけてしまうよりは、むしろ相手の都合のいい時間に贈ることで喜んでもらえるはずです。

・開店後に贈る場合
開店後1週間までであれば失礼に当たらない場合が多いようです。

胡蝶蘭などのお花を贈る場合でも、1週間以内であれば来客もまだまだ多いでしょうから、お客様に華やかな印象を与えてくれます。

それ以上遅れて開店祝いを贈る場合は、お花ではなく金品など別のものを検討したほうがいいでしょう。

いずれにしても、開店後にお祝いを贈る場合は、メッセージで一言添えるようにしましょう。

★開店祝いのマナー・タブー

開店祝いには「贈ってはいけないもの」「使ってはいけない言葉」も存在します。
ここでは開店祝いのタブーについて詳しく見ていきましょう。

・火事を連想させる贈り物はタブー。

喫煙具やアロマキャンドルなどは火事を連想させるため、開店祝いではタブーとされています。同じく暖房器具なども、火事の原因になるものとしてイメージされるので避けましょう。

また、物だけでなく火事を連想させる「赤系の色」も開店祝いの贈り物としてふさわしくありません。

それはお花でも同じです。

先方の好みや店舗のイメージによっては失礼にあたらないこともありますが、基本的には
真っ赤なバラなど赤や深紅の色のものは避けた方がいいでしょう。

・業績の悪化や火を連想させる言葉はタブー。

メッセージカードのところでも紹介しましたが、「赤字・傾く・燃える」など業績の悪化や変化を連想させる言葉、火事を連想させる言葉などはタブーとされています。「昨今は不況で~」などといったネガティブな言葉もお祝いのメッセージとしてふさわしくありません。

メッセージを添える際にはこういった忌み言葉を使わないように気を付けましょう。

★まとめ

今回は開店祝いとして胡蝶蘭を贈る理由や、贈るときのマナーなどについてみてきました。

守るべきマナーや相手の都合などに気を付けて、開店祝いを喜んでもらえるものにしましょう。

関連記事