胡蝶蘭を長持ちさせる方法とは?

胡蝶蘭は、お祝いごとなどでよく贈り物としてプレゼントされることも多く、高貴な感じで上品ですし人気があります。まず、長持ちさせる方法があればいいな〜と感じている方も多いでしょう。いくつか、長持ちさせる方法をご紹介致します。

胡蝶蘭の水やりについて

胡蝶蘭は、豪華・上品で華がありますが、この美しさを持続させたいと思う方も多いでしょう。胡蝶蘭を長持ちさせる方法は、まず水のやり方は重要になります。水をやりすぎることで、根腐れを起こす原因になります。水やりについて、きちんと理解しておきましょう。

胡蝶蘭の水やりは、基本的には毎日行う必要はなく、季節によって水やりの頻度が違います。一般的には、春は10日に1度、夏は1週間に1度、秋・冬は3週間に1度程度を目安にして、日中に水やりをすることがポイントになります。水やりを上手に調整することで、胡蝶蘭は長持ちして綺麗な花を長期間キープすることができるでしょう。水やりのチェックポイントとして、季節を問わず必ず表面や中の材料(水苔など)が乾燥しているか確認してから水を与えるようにすることが大切です。

胡蝶蘭の置き場について

ギフトとして頂いた胡蝶蘭は、綺麗にラッピングされているはずです。せっかくラッピングしてあるものを外すのはもったいないな〜と感じても、胡蝶蘭の花弁が傷つくことにより病気を招く恐れもあります。胡蝶蘭の花弁は思った以上に繊細で傷の原因になりやすいため、細心な注意が必要です。

胡蝶蘭の特性として、暑さ・湿度の高さも問題はなく、風通しの良い所を好む花です。季節によって置き場を考える必要があります。例えば、春は直射日光を避けレースのカーテン越し・窓辺に置き、遮光率の高いカーテンは有能で長持ちさせるには最適です。夏はエアコンの効いている室内に置くのがベストですが、エアコンの風が直接当たると胡蝶蘭は乾燥するので花が長持ちしない原因になるため注意が必要です。冬は暖房が効いている部屋に置き、昼間は良いですが、夜になると10度以下になる為、湿度が下がりやすくなり、胡蝶蘭が弱ってしまう大きな原因になり、温度や湿度の管理が必要です。

外に置く場合は、風通しが良く急な天気にも対応でき、直射日光を避けるような場所を選んぶと花が長持ちします。

花が咲ききった後、長持ちさせるには?

胡蝶蘭の花は茎の下方から順番に咲き、同様に枯れていきます。咲ききった後、花を長持ちさせたい場合、枯れた花をきちんと摘んであげることが重要です。咲き終わった花を摘むことで、枯れた花に余計な栄養分が行かず次の蕾へと届くようになります。胡蝶蘭の花が咲いた後は、枯れる前に先に花茎を切る事で、長期間花を楽しむ事が出来ます。少し開花した花がしおれてきたな〜と感じるようになったら、花茎を切ってあげると胡蝶蘭は長持ちします。

咲いた後、再度開花することは可能?

胡蝶蘭の花が終わり、再度同じように開花させて長持ちさせたいと思う方も多々いらっしゃいます。胡蝶蘭の株の大きさによって、対処の仕方が違うので、きちんと確認しておきましょう。

株が小さい胡蝶蘭は、成長させる事を重視すべきです。次の花を咲かせずに根元から花茎を切った方が次のシーズンに力を備えて長持ちすることができます。大きな株は問題が無ければ、次の花芽を付け楽しむことができます。まず花茎の3分の1ぐらいの場所を消毒したハサミかカッターを使用して切り取ります。切った節からは新しく花茎が伸びるので、それを育てるとまた花が咲き始めます。次の花が咲くまでに約4ヵ月ぐらいの日数が必要になりますが、株に負担がかかり弱くなるため、病気にも掛かりやすいなど、いくつか難点もあるので注意も必要になります。胡蝶蘭の様子を見ながら調整するようにしましょう。

胡蝶蘭の株を大きくしたい!

胡蝶蘭の花を咲かせずに翌年に繰り越す場合、花茎の根元を4~5cm残してカットします。次の花を咲かることで、かなり株の持っている栄養分を消費させる事になるため、胡蝶蘭への負担も大きくなります。株を休ませるためにも1度目の花が終わったら、しっかり休みを取らせる事も重要になります。胡蝶蘭は年に1度、開花しても数ヵ月は咲き続けるので、やはり株の栄養分を消費することになります。株を休ませて、適度な温度と湿度を保ち、管理することで丈夫な株へと成長し、また次に美しい花を咲くことができます。

植え替えについて

胡蝶蘭の植え替えは、技術的な要素も含まれているため、ご自身で厳しいな〜と感じたら、花屋さんなどプロに相談して行った方が良いです。個人で植え替えを行うと、胡蝶蘭を傷つけてしまうケースも多いため、その辺を調整することが重要になります。

植え替える時に、水苔の場合カビが生えていないか、汚れはついていないかなどチェックして行わないと、胡蝶蘭は病気になることもありますし、デリケートなので十分な注意が必要になります。

関連記事