千秋楽祝いを贈るなら胡蝶蘭がおすすめの理由


あなたの好きな劇団や俳優さんが長い公演を終える最終日。千秋楽のお祝いに何か贈りたいと思った時、何を贈れば良いのか悩む方も多いのではないでしょうか。
パッと思い浮かべるのは「花」という方もいると思いますが、中でもおすすめなのは胡蝶蘭です。
今回は、千秋楽のお祝いの贈り物としてなぜ胡蝶蘭がおすすめなのか、ご紹介していきたいと思います。

千秋楽とは?

千秋楽とは、「複数日にわたって同じ演目を行う興行において、「最終日」を指す業界用語
(Wikipediaより引用)」です。ミュージカルや舞台、歌舞伎、相撲などが、ぱっと思い浮かぶのではないでしょうか。無事に千秋楽の日を迎えられたことをお祝いして、贈り物を贈ると、とても喜ばれると思います。

千秋楽祝いの相場は?

贈り物をすると決めたとき、気になるのはまず相場ですよね。千秋楽祝いの相場は一般的には10,000~20,000円程です。胡蝶蘭を贈る場合も同じと考えて良いでしょう。花束で手渡しする時にも、この金額を目安に花束を作ってもらうと良いと思います。
ただ、贈る相手が有名芸能人や一流のアーティストになってくると、相場より高い価格帯にした方が良いこともあるので、その時には気を付けてください。
また、身内や友人に贈る場合は、もう少し安い価格帯にしても良いかもしれません。あまり高額でも、受け取った側もびっくりしてしまう場合もありますよね。
胡蝶蘭を注文する場合にも金額によってボリュームや華やかさが変わってきますので、10,000円~20,000円程という一般的な相場を目安に、贈る相手に合わせて考えてみてくださいね。

なぜ千秋楽祝いには胡蝶蘭がおすすめ?


千秋楽祝いに胡蝶蘭をおすすめする理由はいくつかありますので、順番にご紹介していきたいと思います。
1 見栄えが良い
そこにあるだけで場を華やかにしてくれる、気品溢れる見た目は長い公演を終える最終日である千秋楽のお祝いにぴったりです。あれこれと色々な種類の花を花束などにして贈るのも素敵ですが、胡蝶蘭は一種類、この花だけで他の花には出せない存在感があるので、おすすめです。
2 お手入れが簡単
胡蝶蘭のお手入れは意外に簡単で、手をかけずに、長い間綺麗な見た目のまま飾ることが出来るのです。水やりは1週間に1度くらいで良い上に、それで1か月~長くて2か月程綺麗な姿を楽しめるのです。これは知らなかった方も多いのではないでしょうか。せっかく贈った花が千秋楽の当日だけ綺麗な姿で、その後数日で枯れてしまうのは悲しいですよね。胡蝶蘭ならばそんな心配もないですし、贈り相手に花の世話のことで負担をかけることも無いですよ。そんなお手入れの簡単さも、千秋楽祝いに胡蝶蘭が人気だという理由の1つなのです。
3 縁起のいい花言葉
胡蝶蘭の花言葉は、「幸せが飛んでくる」「純粋な愛」です。縁起の良い花言葉と、贈った相手に大好きですという気持ちを伝えることが出来る花言葉を持ち合わせた胡蝶蘭は、贈り物にぴったりですし、受け取り手も嬉しく感じると思います。
4 胡蝶蘭は花粉や香りが少ない
派手な見た目からは想像もつかず、意外に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、胡蝶蘭は花粉や香りが少ない花なんです。ですから、場所を選ばずに飾ることが出来ます。千秋楽祝いに贈られる花は、楽屋やロビーに飾られることが多いのですが、その時にも花粉や香りが少ないと会場を汚す心配もないですし、他の来場客へ迷惑をかける心配もいりません。この花粉や香りが少ないということからも、千秋楽祝いの花として胡蝶蘭は贈りやすいと言えます。

千秋楽祝いに胡蝶蘭を贈るとき、気を付けることは?

いざ千秋楽祝いに胡蝶蘭を贈るとなったとき、気を付けてほしいことがいくつかありますので、ご紹介します。
1 贈るタイミングに気を付ける
基本的には、贈るタイミングとしては、千秋楽の当日までということになりますが、千秋楽当日はバタバタしていることも予想されます。何かの事情によって配達に遅延が発生することも無いとは言い切れませんので、余裕をもって千秋楽の前日までに届くように手配するのが良いかもしれません。相手にとって迷惑にならない時間帯を選んで手配しましょう。
2 場に合わせたサイズを選ぶ
贈答用の胡蝶蘭のサイズは様々ありますので、贈り先の会場に合わせたサイズを選ぶようにしましょう。大きければいいというものではなく、小さい会場では大きなサイズのものを贈ると邪魔になることもありますので、サイズには気を付けましょう。
3 立札やメッセージを一緒に付ける
贈られた相手にわかりやすいように立札を付けることをぜひおすすめします。ビジネスシーンでは自分の名前や会社の名前をPRすることにもつながります。メッセージカードも、お祝いの気持ちをより相手に伝えることが出来ますし、あると贈り相手にも喜んでもらえるはずです。
4 ラッピングに赤は使わない
赤は「火事」や「赤字」を連想させる色として、お祝い事では避けられている色なのです。胡蝶蘭は見た目も派手ですし、お祝い事ということで、赤を選びそうになる方もいらっしゃるかもしれませんが、ラッピングの色に赤は使わないようにしましょう。
5 本数に気を付ける
4本や9本は「死」や「苦」を連想させることから、避ける人は多いかもしれませんが、他に気を付けてほしいのは出来れば割れない数の本数にしてほしいということです。2本や4本よりも、3本や5本のほうが好ましいです。胡蝶蘭では鉢植えだと3本立て~5本立てのものが2万円~3万円で購入できるので、相場から考えても適していると思います。

忙しい方には通販で購入するのがおすすめ

忙しくて花屋へ行く時間がなかなか取れないという方には、胡蝶蘭の通販サイトがたくさんありますので、胡蝶蘭を贈る際には通販を考えてみるのもおすすめです。
おすすめする理由をいくつか挙げてみます。
1 自宅で時間があるときにゆっくり決められる
通販を使えば、自分の都合のいい時間に自宅で実際のイメージ写真などを見ながらゆっくり検討することが出来ますし、いくつかのサイトで比較しながら決めることも出来ます。
2 新鮮な花を贈れる
店舗とは違い、通販をしているお店は在庫を抱えずに注文を受けてから仕入れをするお店も多いです。ですから、新鮮な状態で贈ることが出来るので、品質も安心できます。
3 コストを安く抑えられる
通販で購入する場合、店舗を持たずに胡蝶蘭を販売できるため、経費を削減出来ている分、胡蝶蘭の販売価格が店舗より安いところが多いです。一般の生花店で購入するのと比べて、同じサイズ、同じボリュームの胡蝶蘭でも30%~50%安く購入することが出来る場合もありますよ。また、メッセージカードを付けるサービスなどは無料でしてくれるところもあります。自分の目で実際に見て買うことはできませんが、コストやサービスの面で考えると、通販で購入するのがおすすめです。
4 直前に手配しても贈ることが可能な場合もある
通販サイトによっては、店舗で購入するよりも日数がかからずに配達が可能な場合があります。忙しくて、ぎりぎりまで手配することが出来なかった方も、通販で購入すれば千秋楽のお祝いに間に合わせて胡蝶蘭を贈ることが出来るかもしれません。送料も、無料や店舗より安いところも多いので、ぜひ胡蝶蘭を贈るときには通販サイトを見てみることをおすすめします。

まとめ

今回ご紹介した理由から、千秋楽祝いには胡蝶蘭が定番の花として選ばれています。
ぜひ素敵な胡蝶蘭を選んで、贈り相手の千秋楽をお祝いしてあげてください。

関連記事