胡蝶蘭の回収・引き取り・処分方法


胡蝶蘭はお祝いごとなどでよく利用される花ですから、他人からプレゼントされる機会が多くあります。プレゼントされた後に自宅や店内に飾るのが普通ですが、置く場所に困ってしまったり、もう使う必要がなくなってしまったりした場合などは処分する必要が出てきます。

枯れてしまった胡蝶蘭であれば何もためらうことなくゴミとして捨てることができても、まだ勢いよく咲いている胡蝶蘭を捨てるのはためらいがあるものです。プレゼントされたものなら尚更でしょう。

胡蝶蘭回収サービス

便利なことに、胡蝶蘭を引き取り・回収してくれるサービスが世の中には存在します。引き取り・回収サービスの素晴らしさは、胡蝶蘭の状態を気にせずに対応してくれることです。
花が綺麗に咲いている状態はもちろんのこと、咲き終わって枯れてしまった胡蝶蘭でも対応してくれる業者はわりと多く存在します。

自宅や会社の周辺で胡蝶蘭を引き取り・回収してくれる業者の店舗がなくても大丈夫です。今ではインターネットを使って申し込める業者がたくさんいます。業者のホームページに訪れて、メールフォームや電話などの指定された申し込み方法を利用するだけです。

引き取り・回収業者の対応についてですが、有料サービスと無料サービスの2種類が用意されています。
有料サービスでは引き取り・回収にサービス料金を請求します。相場としては胡蝶蘭1鉢で1000円前後~2000円前後がよく見かけられます。状態に関係なく対応する業者であっても、サービス料金については花の状態や個数、サイズなどで変動する場合があるため注意が必要です。

インターネットで申し込める業者の多くが見積もりを行ってくれますから、追加料金を気にせずに依頼できます。有料サービスは出張による引き取り・回収に対応するところが多く、申し込みをした後に依頼者の自宅までスタッフが訪れます。
スタッフが胡蝶蘭を実際にその目で確認してから、見積もりを出してくれる流れです。見積もりの金額に納得すれば、すぐさまスタッフが胡蝶蘭の回収作業を行います。後は料金を支払えば終わりです。
出張サービスですので、業者が対応するエリアの利用に限られることを忘れないでおきましょう。業者のホームページを見れば対応エリアの説明が掲載されていますから、それを見るだけで理解できます。場合によっては相談次第で、対応エリアに載っていない地域からの依頼を受けつけるパターンが存在します。自宅の住所が対応エリア内なのか、対応エリア外でも受け付けてくれるのかについては、業者に直接問い合わせて回答を得ましょう。対応エリアであっても場所によって出張費が変動する業者が存在します。

胡蝶蘭の引き取り・回収にかかる料金

業者の営業所や店舗から遠い地域ほど交通費がかかるのが理由の一つです。胡蝶蘭本体の引き取り・回収のサービス料金とは別に交通費を請求するパターンと、すべて込みの料金を請求するパターンがあるので、料金体系をよく理解してから利用したいところです。胡蝶蘭の引き取り・回収を無料で行ってくれる業者を利用する場合、依頼者が宅配便を使って指定住所へ送るケースが多めです。

スタッフが現地まで向かう必要がなく、その分だけ安く利用できる仕組みです。無料サービスを利用するパターンでも、最初に業者のホームページなどから引き取り・回収を申し込んでおきます。
その後にダンボールを使って不要になった胡蝶蘭を丁寧に梱包します。胡蝶蘭本体だけでなく、支柱などの付属品も一緒に入れるのが一般的です。
鉢が割れていると引き取り・回収の対象外になる業者も存在しますから、クッション材などで割れないよう保護しながら梱包するのがおすすめです。

梱包作業が済んだら宅配業者に依頼して発送します。宅配業者の営業所に直接持ち込んでも良いですが、楽をしたいなら回収サービスを依頼すると便利です。

宅配業者のスタッフが自宅まで訪れ、荷物をそのまま持ち帰ってくれます。無料サービスの利用で注意したいのが、完全無料で利用できるわけではないことです。サービス料金は請求されませんが、胡蝶蘭の配送料がかかります。宅配業者が定める配送料を元払いで支払うパターンが目立ちます。また、引き取り・回収サービスに比べると数は少ないですが、不要になった胡蝶蘭を買い取ってくれる業者もいます。お得に処分できるのがメリットです。買取の平均相場は700円前後~2000円前後といったところです。

業者がお金を払って引き取る方法ですから、胡蝶蘭の状態によって料金が大幅に変動する可能性が高くなります。希少価値の高い品種や状態の良いものほど高価買取が狙えるでしょう。ちなみに買取業者への依頼であっても、胡蝶蘭の状態を見て買取不可能だと判断された場合、当然ながらお金を受け取ることができません。業者側で処分してもらう場合には出張費や配送料分を負担することになり、返してもらいたい場合には返送料までかかってしまうため、買取サービスの特徴をよく理解してから利用するのが安全です。

֖߂