胡蝶蘭の越冬方法

華やかで美しい胡蝶蘭は、出来れば一年中眺めていたいと思うものです。

ですが、どうしても冬が来ると胡蝶蘭は弱ってしまいます。

なぜなら、胡蝶蘭は元々が熱帯地方の花なので、高温多湿でなければ、すぐに弱ってしまいます。

日本では、冬になると寒くなってきます。

地域によっても違いますが、寒い地域ではマイナスまで下がる地域もあります。

寒さに弱い胡蝶蘭にとっては、寒くなる冬は、まさに試練の季節と言っても良いでしょう。

そして、胡蝶蘭は湿気を好むので、冬になると空気が乾燥する事も考えなくてはなりません。

乾燥してしまったが為に、花や葉にも影響が及びます。

そんな寒さや乾燥の中で、暖かくなるまで、どうやって胡蝶蘭を守ったら良いのでしょう?

ここては、胡蝶蘭を寒さや乾燥から守る方法を、ご紹介したいと思います。

胡蝶蘭が好む環境を作りましょう

まずは、やはり胡蝶蘭が過ごしやすい環境を整えてあげる事が必要です。

ですが、高温多湿を好む胡蝶蘭です。

胡蝶蘭に合わせた環境にすると、かなり室内の温度を上げなくてはいけません。

ですが、そうなると人間の方が過ごしづらくなってしまいます。

胡蝶蘭が過ごしやすい温度というのは、20度以上は必要です。

が、30度を越えてしまうと、逆に熱さで胡蝶蘭が弱ってしまいます。

そこで、可能ならば空いているスペースに温室を作るという方法もあります。

温室の中でしたら、胡蝶蘭が過ごしやすい温度である20度から30度までの間、湿度も70から80までと調節する事が出来ます。

ですが、だからと言って簡単に温室が作れるスペースが確保出来ない場合もあります。

そんな時には、小さくて室内にも置ける温室も販売されているので、胡蝶蘭用に購入するというのも、一つの方法です。

そして、部屋の中で一番太陽が当たる場所に置きましょう。

温室は黙っていて温かくなるものではありません。

室内温室を置く時には、温室が早く温かくなる工夫をする必要があります。

大切な事は、胡蝶蘭が限界を感じてしまう10度以下にしてはいけないという事です。

ついつい忘れがちになってしまう根の管理

そして、温室に胡蝶蘭を入れた場合、ついつい 忘れてしまうのが根の管理です。

胡蝶蘭は、根がずっと濡れたままになってしまうと、根を腐らせてしまいます。

受け皿に水が溜まらないように、こまめにチェックしてあげましょう。

水を与える時には、その量にも気を付けてあげましょう。

冬は夏と違い、水分が早く吸収されるという事はありませんので、夏よりも少し控えめにしても大丈夫です。

目安としては、土に触れてみて、湿気がほとんど感じられない時に少しだけ与える事が良いでしょう。

そして、与える水にも気を付けなくてはなりません。

あまりにも冷たい水は胡蝶蘭を弱らせてしまいます。

出来れば、少し温くしておいた水を与える事がおすすめです。

肥料は我慢しましょう

そして、水やりと同じように大切なのが、肥料です。

肥料は、胡蝶蘭にとっては大切な栄養素です。

寒いからこそ、たくさん与えたら元気になるのでは?と、思うかもしれませんが、そうではありません。

冬の胡蝶蘭は、成長を止めているようなものです。

休んでいる所に栄養素をたくさん注がれても、胡蝶蘭は困ってしまいます。

寒い時には、静かに見守ってあげましょう。

植え替えは温かくなってから

そして、寒い時期にしてはいけないと言われているのが、胡蝶蘭の植え替えです。

外見的には分かりづらいかもしれませんが、植え替えをすると、胡蝶蘭の根に傷をつけてしまう可能性もあります。

温かくなる季節まで、植え替えは待った方が良いです。

最低気温に合わせる

そして、どれだけ温室を用意したり、水やりを気を付けたりしても、やはり寒さに耐えられないという場合はあります。

特に夜間から明け方にかけては、太陽が入ることもありませんし、気温が一気にグッと下がってしまいます。

どうしても心配だという時には、ダンボールを被せてあげるという方法もあります。

その時には、あまり大きすぎるダンボールではなく、出来れば少し隙間が出来るぐらいのダンボールを用意しましょう。

冬は寒くなるからと、暖房か効いた部屋に入れておけば良いだろうと考えている人もいるかと思いますが、最初に述べたように胡蝶蘭は乾燥にとても弱いのです。

暖房などの温風は胡蝶蘭を傷めてしまう要因になります。

蕾が変色してしまう事もあります。

もしも温風が当たる位置に胡蝶蘭がある場合には、出来れば離して置いてあげる事が好ましいです。

胡蝶蘭は、その外見同様にとてもデリケートな花弁です。

個人的な判断で水やりなどをしてしまうと、せっかくの花が駄目になってしまう可能性もあります。

大切なのは、事前に胡蝶蘭がどうやったら冬を越す事が出来るのかを知り、胡蝶蘭に最適な環境を作ってあげるという事です。

冬を無事に越す事が出来れば、暖かくなってきた時に、胡蝶蘭は再び美しい姿を見せてくれます。

関連記事