胡蝶蘭の病気

sick2胡蝶蘭は単茎性植物で病気にかかると回復が難しいばかりか放置したり間違った対処法を行うと病気が進行してしまいます。
「元気がない」「葉の色がおかしい」などの変化に気付いた場合には、早めの対処をおすすめいたします。

フザリウム

この病名は菌類カビの一種であり、フザリウムに浸食された茎は水分供給ができなくなるので下の葉から枯れ落ちてしまいます。単茎性の胡蝶蘭の場合は葉が落ちるなどの症状まで進行してしまった場合は手遅れになってしまう事がほとんどです。

フザリウムは基本的にはどこにでもいる菌なのです。ただ胡蝶蘭がなんだかの原因によって根が弱ってしまった状態になった時に侵入し内部を侵します。

感染したかわかるポイントとしては葉の中心部辺りが突然黄色に変色してしまい葉が次々落ちていきます。茎に感染した場合は赤紫や根元の部分が黄色くなります。根は黒色に変色し腐ってしまいます。

リゾクトニア

このリゾクトニアもカビの一種で症状はフザリウムと類似しています。リゾクトニアは根に感染するのが一般的と言われています。

症状が進行すると根が正常に機能しなくなり葉が脱水症状を起こします。また土際の茎が腐敗し細くくびれる症状が出る事もあります。土壌感染するので複数植えている場合は気を付けましょう。

斑点性の病気など

斑点性の病気の原因も一般的にはカビによるものです。稀に細菌性のウィルスによる事もあります。カビが原因の場合は繁殖するのに最適な温度や湿度が整う梅雨時期になると病気が目立ってきます。

病気になる原因としてはカビの胞子が風などで運ばれ葉などに付着します。その後植物が濡れると活動を開始して発病となります。病気で変色した部分は細胞が死滅してしまった事によるので元に戻る事はありません。

葉焼け

その名の通り葉っぱが強い日差しで焼けた状態になることです。症状として焦げたように黒くなったり、色素が抜けたように白っぽくなったりします。そのような状態になってしまった時はすぐ日陰もしくは室内に移しましょう。

残った正常な部分が多ければ生き残る可能性があります高いです。しかし酷い場合は葉っぱの細胞が壊死したり、弱った部分からウイルス感染したりします。ほとんど緑の部分が残っていない場合は、患部を切除しましょう。

害虫

ナメクジ:ナメクジが沢山発生すると、葉っぱを全部食べられてしまいます。

貝殻虫(カイガラムシ):カイガラムシとは、大きさが1mm以下の白い粉のような虫です。胡蝶蘭の葉っぱの裏に粉が吹いているように付着します。

葉っぱの表面を傷つけないように、ブラシで丁寧に払い落としてください。またこの作業は、室内では行わないでください。また、いつの間にか沸いてきます。