胡蝶蘭の価格

種類によってはとても高価な花「胡蝶蘭」

贈答用の胡蝶蘭価格は1万円~十数万するものまでたくさんあります。中には60万円のものまであります。胡蝶蘭というと高級花の代表ですが、なぜこんなに高いのでしょう。

それはやはり育てるのに手間と費用がかかります。

寒さ、乾燥に弱いため国内で育てるなら温度は15度~35度、湿度は夜間を特に高めに維持する必要があり、生育に必要な環境を維持できるような設備がかかります。

大量生産できないデリケートな花

胡蝶蘭は植えてから立派に花を咲かせるまでに約4年かかります。

最近ではある程度成長したものを東南アジアから輸入することもあるそうですが、それはそれで輸送コストがかかります。また飛行機という特殊な環境に耐えることができなくて日本に到着したころには枯れてしまってることもあるようです。

価格の違いは花が大ぶりなものの方が高級な傾向にあります。数十万するものはなんと手のひらサイズくらいに大きな花を咲かせます。鉢植えの大きさも1mくらいににあるものもあります。本数も5本立てなど本数にも違いが出てきます。

「胡蝶蘭」の相場って?

贈答用では、胡蝶蘭を贈るとき、どの値段のものを選べばいいのでしょう。よく目にするのは開業祝いや開店祝いです。その場合、家族、友人、知人、親戚に送る場合は1万~3万程度です。取引先は2万~5万です。

社長の就任祝いとして贈る場合は、家族、友人、知人、親戚は1万~3万程度です。取引先は2万~5万程度です。

贈答品として人気の色は白、ピンク、赤白あたりです。価格によってランク、大きさに差がありますので送り先との関係性をよく把握して選びたいものですね。