還暦祝いに贈った胡蝶蘭

私の母が還暦を迎えるお祝いの時に、私は遠方に住んでいてお祝いに駆けつけることが出来ませんでした。
せっかくの還暦を迎える誕生日なので遠方に住んでいるとはいえ本来ならば娘としてはお祝いしに行きたかったのですが、そのころ私は出産して間も無く、生まれたばかりの赤ちゃんを連れては遠出は出来ませんでした。
母もこちらへ来ることは出来なくて、こちらからは還暦のお祝いを考えてお祝いの席に贈ることしか出来なかったのです。
さて母への還暦祝いって一体何が良いのだろうと悩みましたが、母はお花が好きなので花は最初から贈るつもりでした。
他のプレゼントはアクセサリーにする事にして、贈る花を選ぶ時になって私は胡蝶蘭はどうかなと思い付いたのです。
胡蝶蘭ってあまり多くなくてもとても華やかですよね。
いかにもお祝いらしくて良いし、胡蝶蘭ならきっと見栄えも良く母のお祝いの席に相応しいかなと考えました。
十分に高級感もあるので、普段の誕生日のお祝いとは違うのもまた良いですよね。
調べてみると、胡蝶蘭の花言葉は幸運が飛んで来るというもので、益々母のお祝いにはぴったりだと思って決めました。
問題はどこで頼むかですが、今は便利なものでインターネットで検索するとあちこちの花の宅配を取り扱ってるお店が出てきました。
私の考えていた花の予算としては2万円から3万円でしたが、その予算内で十分に見栄えの良い胡蝶蘭が購入出来ました。
注文したのは、世界洋蘭展ブルーリボン賞とか農林水産大臣賞などを受賞した生産者が育てた胡蝶蘭のみ販売しているお店でしたから、信頼できました。
それに、贈った胡蝶蘭の写真もちゃんとこちらにメールで送ってくれる事になっているのも安心でした。
ガラスのメッセージカードも付けて、母の還暦祝いに合わせて届けることが出来ました。
メールで母へ届いた胡蝶蘭の画像を確認したのですが、胡蝶蘭も立派だしメッセージカードもとても素敵で満足でした。
母からも、まさか娘から胡蝶蘭を貰えるなんて思ってなかったよ、ありがとうと喜んでもらえました。
その時、還暦祝いに集まっていた親類からもとても素敵な胡蝶蘭だと言ってもらえたようで良かったです。
その後、胡蝶蘭はフラワーアレンジメントよりも長持ちするので、還暦祝いの後にもしばらく飾って眺めているよ、と母から言われました。
胡蝶蘭なんて贈る機会はなかなかなかったけれど、やっぱり普通の花よりも特別感が出せて贈るには最適です。
父の還暦祝いにも胡蝶蘭を贈ろうかなと考えています。

新築祝いに胡蝶蘭を贈るのに気を付けたいこと

新築祝いに胡蝶蘭を贈ると、先様にも喜ばれることは間違いありません。
新しい家に豪華な胡蝶蘭を飾ると、華やかな感じが加わります。また、鉢植えなので綺麗にラッピングをして貰えますから、より立派な贈り物になります。
フラワーアレンジメントよりも長持ちしますから、新居に長く飾ってもらえるのも利点です。

また、胡蝶蘭全般の花言葉は「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」です。先様に幸福がやってきますよう、心からお祈りしていますという意味を込めることが出来るのです。

胡蝶蘭は1本立ちから5本立ち、7本立ちと種類も色も価格も豊富に取り揃えられていますから、相手によって沢山の中から選ぶことが出来ます。
価格の相場は、親族なら2~3万円。友人や知人の場合は1万円前後といってところです。
花の色はその家のご家族のイメージで選んでも、贈る側が良いと思った色でも構いません。

贈る時期ですが、先様が引っ越しを終えてから3.4日後から半月以内を目安にします。引っ越し当日はもちろん、まだ荷解きが終わっていませんし、家具などの位置も変えたりと、落ち着きません。
3,4日経って家が片付いた頃贈るのが良いでしょう。

胡蝶蘭に付ける立札やメッセージカードは、赤字で「祝御新築」と書き、下に送り主の名前を入れてもらいます。
メッセージカードの場合は綺麗なデザインのものもあり、もう少しラフに、「新築おめでとう」などの言葉でも良いので、親しい友人等には向いています。

一つ、注意点があります。
それは、新築祝いに胡蝶蘭を贈る際のラッピングですが、「赤」は避けましょう。これは、赤=火事を連想させる為、縁起が悪いからです。綺麗そうに見えても赤のラッピングでは贈らないようにしましょう。詳しいことがわからない場合は、花屋さんに「新築祝いです」と伝えればそれに相応しいラッピングをしてくれます。