胡蝶蘭にだまされた!?

2015年3月16日

おはよう御座います。3月も中旬になりましたね~東京はまだ寒い日が続きます。。

さて、今日もお話を紹介します!
———————————————————————————————————————————————
新卒で入社したのはとある信用金庫。
私は入社したてで右も左もわからず先輩に言われた課題をただこなしたり、目の前にある仕事の基礎を覚えるので必死でした。
支店長はとてもやさしく、器量が大きい方でいつも『お前のペースでしっかり覚えていけ』とおっしゃってくれていました。
笑い声も見た目も恵比寿様みたいな支店長はみんなに好かれていました。
もちろん私も大好きでした。

入社して半年も過ぎると私も職場の方々とも仲良くなってきたし、
仕事にある程度慣れてきたので自分の仕事以外にも気が回るようになってきました。

そんなある日、営業時間も終わり現金も合い、自分の仕事も終わり終了時刻まで次はなにをしようと考えました。
ふと店内を見渡すと枯れかけたパキラが目に留まりました。
信用金庫内はいろんな所にお花やグリーンが置かれていますが、誰が水をやるとか決まっていなかったので時々枯れかけてしまいます。

まして、一年中冷暖房がかかっている空間なので一般家庭に置いてある花などよりも早く土が乾いてしまいます。

他の先輩方はまだ山積みの書類に印鑑を押してるし、支店長も電話対応に追われているのでここは私が!!
と裏から大きいじょうろを探してきて水やりをすることにしました。

花やグリーンも水をあげる時に話しかけると良く育つと聞いたので小声ですが『頑張って育ってね』とか話しかけたり・・・

店内のグリーンたちにお水をあげ最後は支店長の机の横に置いてある胡蝶蘭だけになりました。
まだ電話対応中だったので邪魔をしないようそーっとお水をあげていると、いきなり支店長が

『お前何やってんだ!?』
と珍しく声を荒げました。

私はビックリして
『最近この胡蝶蘭に水をあげてなかったのでお水を・・・』

そう言った瞬間、まだ電話中だったにもかかわらず支店長が大笑いをしました。

『おい、これは造花だよ。ハッハッハッ』
顔から火が出るとはこのことか。と思うぐらい恥ずかしく熱くなるのがわかりました。

でも言われてから見ても本当に本物と変わらないぐらい見事な胡蝶蘭だったんです。

あれ以来水やりをするときは、触って確認してからやるようにしています。
———————————————————————————————————————————————