フラワーショップでの出来事

2015年3月4日

こんにちわ。もう3月になりましたね。
本日、東京はすごく暖かいです。もう春って感じですね。

この時期になると花粉症でつらい方も多いのではないでしょうか。私も花粉症なので目が痛く、鼻水が出ます。。いい薬ないかなー

さて、今日は「フラワーショップでの出来事」を紹介いたします。
———————————————————————————————————————————————-
胡蝶蘭などのフラワーショップを運営しています。
胡蝶蘭は企業の設立祝いや移転祝い、開店祝い、コンサートのお見舞いなどにも送られます。

胡蝶蘭はそういったお祝い事にとても使用されるお花です。
最近では、いろいろなアレンジや定番の白からピンク、大きさも小ぶりのものから大輪系と呼ばれるものまで様々あります。

胡蝶蘭を送る場所によっていろいろな花の状態に分けています。
例えば、個人に送る場合や自宅で長時間楽しみたいという方に対しては七分咲きぐらいのつぼみを持った状態の胡蝶蘭を送付しています。

一方で、レストランなどの飲食店等で置く胡蝶蘭の場合は設置しておく期間が
比較的短いので満開になっている華やかな状態のものを贈呈するようにしています。

そして、レストランなどに送付する場合に胡蝶蘭に付随して立て札をつけてほしいというご依頼がよくあります。
ここで注意していただきたいのは立て札には縦書きと横書きがあるのですが、
送付先がアルファベットの場合は横書きの立て札を使用すると良いと思います。

たまに縦書きの立て札をご希望される方で送付先がアルファベットの場合があります。
そうなるとちょっと見栄えが悪く、なんだか送付先がわかりにくいです(苦笑)
注意してくださいね。
———————————————————————————————————————————————-